ワードプレスに目次!プラグイン「Table of Contents Plus」が便利すぎる!

table-of-contents-plus

記事を読みやすくするために目次を作りました。

プラグインを利用したのですが、便利すぎて笑いましたw

お手軽に導入で来て、しかもカスタマイズも簡単!

目次が欲しいという場合はすぐにでも利用しましょう!

Table of Contents Plus

プラグイン「Table of Contents Plus」は

 インストールして有効化するだけで目次を作ってくれます。

記事中の<h2>や<h3>と言ったタグを自動で読み取ってくれるので
とにかく手間が省けます。

 

個別の記事に目次を表示するには設定が必要なので
簡単に説明をしていきます。

しじみ

ぜんぶ英語だけど大丈夫です!

基本設定の説明

Table of Contents Plus の設定について説明します。

メニューの設定からTOC+を選択してください。

各項目の説明をしていきます

Position
目次を表示する位置を設定します。
最初の位置(default)が最適です。

  • Before first heading(default) 最初の見出しの直前
  • After first heading 最初の見出しの直後
  • Top 記事の最初に表示します
  • Bottom 記事の最後に表示します
しじみ

記事の最後って意味なくないか・・・?

Show when
見出しの数がどれくらいの時に目次を作るか設定します。

短い記事の場合は目次があっても
あまり意味がないですからね。

初期設定は4ですがそのままでもOKでしょう。

自分の文章量にあったものにしましょう。

Auto insert ~
「post」にチェックを入れると個別記事で目次が作られます。
チェックを入れましょう。

Heading text
目次のタイトルを表示するかどうかです。
これは表示しましょう。

表示内容をテキストで指定できるので
『目次』としておきます。(初期設定は「contents」です)

その下のAllow the user to~ と言うのは
ユーザーが目次を非表示にできるかどうかの設定です。

チェックを入れると読者はこのように表示・非表示を選べます。

Show text の部分には表示するときの文章を、
Hide text の部分には非表示にするときの文章を入れます。

Show hierarchy
階層を表示するかどうかです。

Number list items
項目に数字を付けるかどうかです。
付けておいた方が無難ですね。

Enable smooth scroll effect
チェックを入れると、目次をクリックしたときに
該当部分までスクロールする演出になります。
個人的にはチェックした方が好きです。

しじみ

 これで目次の表示はOK!

デザインのカスタム

目次のデザインを選択できます。

自分のブログにあったものを選びましょう。

 

目次に表示するタグを選択

目次にどの見出しまで表示するかを選択できます。

<h4>などの細かい見出しを表示したくない場合は
h4 から下のチェックボックスを全て外してください。

 

まとめ

Table of Contents Plus は簡単に目次を表示することが出来ます。

目次があるとユーザビリティーが上がりますし、
SEOにも効果があると言われています。

目次を導入して読みやすいブログを目指しましょう!

しじみ

前は手動でやってたんだよなぁ・・・

コメントを残す