ワードプレスにテンプレートを入れる方法

ワードプレスを始めたらテンプレートを入れましょう。

テンプレートを使うことで検索順位を上げたり、サイトを見やすくしたりできます。

最近は無料でもいいものがあります。

テンプレートとは

テンプレートと言うのはブログのデザインです。

デザインと言うと、配置とか画像とかをイメージするかもしれません。

しかし、ここで言うデザインと言うのはもっと大きな枠組みのことを言っています。

実際に見てみましょう。

まずは作りたてのワードプレスのページです。
WS000106

非常に味気ないブログ画面ですね。

 

次に無料のテンプレート「Stinger5」を適用してみると・・・
WS000107このようになります。
いかにもサイトと言う感じがしますね。

 

続いて有料テンプレートのリファインSNOW。
WS000108こちらは3カラム(メイン1、サイドバー2)ですが、かなりしっかりしています。
このサイトもリファインSNOWを使って作っています。

 

このようにテンプレートを使うだけでパッと見「すごいサイト」を作ることが出来ます。
見た目だけではなく、検索で有利になるようにcssやhtmlが書かれているので、
同じ内容の記事を書いた場合でも検索結果が大きく変わってくることもあります。

またカスタムもしやすく作られているので思い通りのサイトを作ることが出来ます。

テンプレートは特に理由がない限りは使った方がいいでしょう。
ちなみに、「よく分からないから」とか「苦手だから」と言うのは理由になりませんよ~。

テンプレートの入れ方

ではテンプレートを入れていきましょう。

おすすめのテンプレートはこちらで紹介しています。(ネットビジネス版)
おすすめのテンプレートはこれだ!

まずワードプレスの管理画面メニューから「外観>テーマ」を選択します。
WS000109

次に「新規追加>テーマのアップロード」をクリックしていきましょう。
WS000110 WS000111

続いてファイルを選択。
アップロードするテンプレートのファイルを選択します。
テンプレートの入手方法はこちらを参考にしてください。

※アップロードするテンプレートはzip形式のままです。
解凍しないでください。

手始めにStinger5 をインストールするのが良いでしょう。

選択したら「今すぐインストール」をぽちっと押します。

これでインストールされました。

テンプレートを使用する

インストールしただけだと、まだテンプレートは使っていません。

テーマの画面で有効化しましょう。
WS000112

ここで有効化したら実際にブログを見てみましょう。
切り替わっていたら成功です!

ブログを続けていくうちにいろいろと変更したくなる部分が出てきます。
そうしたらインターネットで変更の仕方を調べてみましょう。
よほどマイナーなテンプレートでなければ情報がたくさん出てきます。

僕が紹介しているテンプレートは超メジャーなので情報不足はありませんね。
カスタマイズ性も高いので差別化もしやすいです。
(リファインSNOWはちょっとしづらいかな)

テンプレートを入れるだけで読者側としても断然読みやすくなるので、
利用者のことも考えてしっかりとブログを構築したいですね。

サイドバーの設定をしよう

コメントを残す