アクセスがぐんぐん伸びるトレンドの記事タイトル!「ずらし」とは?

access-gungun

今回はトレンドの記事タイトルのつけ方を見ていきましょう。

タイトルはアクセスを集める大きなポイントです。

これから話すポイントを守ってアクセスを呼び込みましょう。

タイトルの重要性

記事で最も重要なものは何かと聞かれたら、僕は迷わずタイトルだと答えます。

 

もちろん記事内容も大事ですし、画像なども大事です。
しかしそれらがどんなに充実していても、
タイトルが悪ければ誰もそのページを見ることが出来ません。

 

検索結果に出てこないからです。

 

逆にタイトルさえしっかりしていれば検索結果に表示することが可能です。
中身はまるでないのに検索で上位表示しているサイトを見る機会は少なくありません。
グーグル激おこだょ。

もちろん、僕らはタイトルもしっかりしている。
中身もちゃんとある。
そういうブログを作っていきます。

 

タイトルのキーワード

tag-115122_1280

タイトルに使うキーワードですが、これはネタ探しで見つけたキーワードを使います。

参考:『トレンドネタの探し方を解説!アクセスが集まるネタの見つけ方』

 

ただしそれだけだと文字数が足りないので他のキーワードと組み合わせます。

例えば桐谷美玲なら
桐谷美玲 スリーサイズ
桐谷美玲 ゼロ

などですね。

 

3つ以上組み合わせるのもいいでしょう。
検索数は減りますが、
それだけライバルが絞られて上位表示しやすくなります。

 

桐谷美玲 スリーサイズ 体重
桐谷美玲 ゼロ 服装

こんな感じです。

 

タイトルは32文字まで入るので出来る限り活用しましょう。
これ以上長くなると検索結果で省略されてしまいます。

  • ネタ探しのキーワードを使う
  • 複数のキーワードを組み合わせる

キーワードを組み合わせるときは実際に検索してみて、
ライバルに勝てそうな組み合わせでタイトルを書いてください。

 

タイトルの付け方

planning-620299_1280

キーワードを決めたら実際にタイトルを付けます。

 

意識することは

  • 自然な日本語にする
  • 読者の目を引くタイトルにする
  • 狙うキーワードは左に集める
  • タイトルは32文字まで使える

キーワードを詰め込んだだけのタイトルはやめましょう。

こんなのは最悪です。
「桐谷美玲 スリーサイズ 身長 ゼロ 服装」

次のように文章をつなげて自然な日本語にします。
「桐谷美玲の身長とスリーサイズがすごい!ZEROでの服装まとめ!」
(実際に記事を書くときは関連性のあるキーワードを入れます。)

 

次に読者の目を引くタイトルにすると言うこと。

例えば簡単な例を出すと
「桐谷美玲のスリーサイズ」
「桐谷美玲のスリーサイズがヤバい!」

どちらの方が気になるかと言われたら後者ですよね。
思わず見たくなるような言い方です。

びっくりマークを使ったり、気になるようにちょっと大げさに言ったりします。
やり過ぎや明らかな嘘はタイトル詐欺になるので気を付けてください。

 

そして狙うキーワードは左に集めます。

タイトルの最初の方にキーワードがあった方が上位表示しやすいです。
確実とは言えませんが、経験上そうなることが多いですね。

 

タイトルは32文字使えますからキーワードをある程度入れたうえで、
読者の気をひくタイトルを付けるようにしましょう。

 

キーワード数は多すぎると良くないと言われていますが、
実際にアクセスを集めている記事を見ているとそうでもないですね。

ただ詰め込みすぎても記事を書くのに時間がかかるので、
キーワードは3つか4つくらいにしておくのが良いです。

 

ずらしのテクニック

grid-684983_1280

基本的なことはここまで書いた通りです。

 

それらを踏まえたうえで「ずらし」を覚えるとさらにアクセスが伸びます。
トレンドアフィリエイトをする上で外せないポイントです。

 

トレンドアフィリエイトでは話題になっていることや、
これから話題になることを記事にするというのはこれまでお話ししてきました。

しかしこのやり方だと、同じような記事を書く人がたくさんいるので
思ったようにアクセスを集めることが出来ません。

 

そこで、「ずらし」を使います。

例えば、「AKBが解散!」と言うニュースが出たとします。

この時に『なんとあのAKBが解散!』と言うようなタイトルを書いてもアクセスは来ません。

検索の上位はニュースサイトやまとめサイトなどの強力なサイトが独占してるからです。
個人のサイトがそこに割り込むのは難しいです。

そこで注目するポイントをずらします。

「AKB解散の理由は? 秋元康のやらせ?」
のように解散から少しずらして「理由」や「秋元康」をキーワードに使います。

自分が勝てそうなキーワードに持ち込んだんですね。

ずらし方のポイントは次の通り。

  • 話題になっているキーワードに関係のある他のキーワードを使う
  • 読者が「次に知りたくなる事」を考える

この2つを考えます。
上の例では「読者が次に知りたくなること」をタイトルにしていますね。

秋元康のやらせかどうか、
解散の理由と言うのは解散のニュースを知った人が真っ先に気になるところです。

 

「話題になっているキーワードに関係のある他のキーワード」と言うのは
例えば次のような例です。

「HKT48の解散はいつ?原因とは?」

今回ニュースになっているのはAKBですが、
あえてHKTにずらして記事を書きます。

これだとアクセスが来ないような気がしますが、
関係するキーワードのアクセスは増えるのでかなりのアクセスを集めることが出来ます。

 

実際に僕はAKBのメンバーが卒業したときに、
他のメンバーの卒業時期を予測する記事でアクセスを集めたことがあります。
下手なニュースよりもいいアクセスになりました。

ずらしをマスターすれば狙って大量のアクセスを集めることが出来ます。
必ずマスターしましょう。

再確認しましょう。ずらしのポイントはコレです。

  • 話題になっているキーワードに関係のある他のキーワードを使う
  • 読者が「次に知りたくなる事」を考える

 

まとめ

  • タイトルはキーワードをしっかり入れる
  • 自然な日本語で書く
  • ずらす

タイトルは記事への入り口です。

タイトルがダメだと、どんなに記事が良くてもアクセスが集まりません。

記事を書くときは良く意識してください。

記事本文の書き方

コメントを残す