【必須】トレンドアフィリエイトでのアクセス解析の使い方3つ

trend-analytics

トレンドアフリエイトをしているならアクセス解析ツールを使っていると思います。

でもアクセスを解析してもどう活かしたらいいかが分からない。
見てると楽しいけど役には立っていない。

そんな風になっている場合は要注意。
正しいアクセス解析の使い方を覚えてアクセスを一気に増やしましょう!

アクセス解析ツール

まずアクセス解析ツールにも種類がありますね。

  • グーグルアナリティクス
  • i2i
  • 忍者ツール

無料で使えるアクセス解析ではこのあたりが有名ですね。
おすすめはグーグルアナリティクスとi2iです。

上記2つと比較すると、使い勝手や精度で
忍者ツールはやや劣っていると言わざるを得ません。

グーグルアナリティクス

トレンドサイト二ヶ月目グーグルWS000048

グーグルが提供する高性能アクセス解析ツールです。

どのページにどれくらいの人が訪れて、
そこからどのようにページをたどったのか・・・
と言うことまで見ることが出来ます。

用語がやや難解なのがマイナスポイントですが、
使いこなせば右に出るものはいません。

i2i アクセス解析

WS000047WS000049

シンプルな画面と分かりやすい用語表記で人気があります。
スマホとPCとの比率が一目で分かるのが強みですね。
(グーグルアナリティクスでも見れますが、画面を切り替える必要があります)

トレンドアフィリエイトでのアクセス解析の使い方3つ

グーグルアナリティクスかi2i のどちらかを導入しておきましょう。

ここからは使い方について説明をしていきます。

1.アクセス数をチェックする

まず、アクセス数をチェックします。
エイジングフィルターに手動ペナルティなど、
アクセスが変動する要素が多いトレンドアフィリエイト。

アクセスが順調に増えて行っているかを確認するために使います。
目標アクセス数を達成するためにも欠かせません。

これをせずに記事に集中すると言う手もありすが、
万が一、問題が発生していた時に気づけないのは大きな損失です。

必ずチェックしましょう。

2.検索ワードを調べる

超大事な作業です。

どんなキーワードで検索されているのかをみます。

自分が集めたいキーワードでアクセスが集まっているか?
同じ意味の別のキーワードでアクセスが来ていないか?
こう言ったことをチェックします。

思った通りの結果になっていない場合は、
キーワードから見直す必要があります。

また、予想もしなかったキーワードで検索が来ていることがあります。
このようなキーワードは新しく記事を書くときに使えるので
見逃さずに集めておきます。

3.直帰率、PV数、滞在時間を見る

  • 直帰率(1ページだけ見てサヨナラの割合)
  • PV数(1人当たり何ページ見たか)
  • 滞在時間

これらはどれも検索エンジンの評価に深くかかわっています。

特に直帰率が異常に高いブログはペナルティを受けやすいと言われています。
(他の2つもペナルティに影響します)

収入面でもこれらの数値が悪いと稼げないので、意識しましょう。

それぞれの数値の目安ですが
直帰率は70%以下
PVは1.5以上
滞在時間は1分以上
このあたりを最初の目標にしましょう。

簡単そうに見えますが、
トレンドブログでは何も考えずに作業をしていると全く達成できません。

サイドバーや記事下などに関連記事を表示したり、
記事内にリンクや動画を使用するなどの工夫をしましょう。

まとめ

アクセス解析ではアクセス数だけでなく、
キーワードを見たり、直帰率などの読者の動きもチェックしましょう。

このあたりを改善するだけで必ずアクセスの集まる良いブログが出来上がります。

コメントを残す