簡単に分かるブラックハットとホワイトハットSEOの違い

hat-297479_1280

ブログ運営をしていると
ブラックハットとかホワイトハットと言う言葉を聞くことがあると思います。

言葉の響きからなんとなーく意味は分かりそうですが
しっかりと説明できる人は意外といないかもしれません。

これはSEOに対する姿勢の違いを表す言葉です。
知らなくてもブログ運営は出来ますが、
知っていた方がより良いブログになるので理解しておきたいですね。

ここではこの2つの違いを簡単に説明しています。

※SEO:検索エンジン最適化の略。検索で上位に表示させるための工夫のこと

SEOとは

search-engine-optimization-575035_1280

最初に、~ハットと言う言葉はSEOの言葉と書きました。
そもそもSEOとは
Serch Engin Organization (検索エンジン最適化)の略で
検索で上位表示させるための工夫のことを指します。

本来であれば「有益なコンテンツ」を配信することだけを考えれば良いのですが
検索順位を決めているのは検索ロボットです。
ロボットと言うとウィーンガチャウィーン・・・と言うロボットを連想しますが、
ここで言うロボットは「プログラムに従い機械的に作用するもの」です。

検索ロボットはグーグルが作ったもので、
一定のルールによってページの順位を決めています。
もちろん、このルールは発表されていません。
よってサイト作成者はいろいろな推測をするわけですね。

ルールを推測して上位表示されるコンテンツを作成しよう!

と言うのがSEOの正体です。

ホワイトハットとブラックハット

toddler-630483_1280

一言でSEOと言ってもやり方はたくさんあります。
グーグルのルールにはたくさんの項目があるのです。

そして、このSEOへの取り組み方によって
ホワイトハットとブラックハットに分かれます。

一言で言ってしまえば
ホワイトハットが真面目に正しくSEO。
ブラックハットが裏技万歳、盲点を突いたSEO。
と言う感じになっています。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

ホワイトハットSEO

angel-571270_1280

ホワイトハットSEOはコンテンツSEOとも言われることがあります。

つまり
良いコンテンツを提供していれば
検索順位も上がってくる!

と言う考えに沿ってコンテンツを作ります。

グーグルのルールには

  • PV (一人あたりが見たページ数)
  • 滞在時間
  • 直帰率 (1ページだけ見て離脱した人の割合)
  • 文字数

と言ったものがあります。

PVが多ければ良いサイト。
滞在時間が長ければ良いサイト。
直帰率が低ければ良いサイト。
文字数が多ければ良いサイト。
このように判断するのです。

これを良いコンテンツを提供することで達成していこうと言うものです。

 

またホワイトハットSEOはコンテンツSEOだけではありません。

やや専門的になりますが、
サイトを作成するときにhtmlや、css、metaタグ・キーワード・記事の文章を
検索ロボットにとって分かりやすい形にします。

つまりグーグルが作成したルールが
思い通りの検索結果を出せるようにグーグルに合わせて
コンテンツを作成すること。

これがホワイトハットSEOと呼ばれるものです

ブラックハットSEO

skull-657477_1280

グーグルの考えに沿ったSEOがホワイトなら
裏技を使いまくるのがブラックハットSEOです。

バレたらペナルティを受けます。
(検索エンジンからの追放など)

グーグルのルールの中には

  • キーワード数 (検索された単語と記事内の単語)
  • 被リンク
  • PR

と言う評価があります。

キーワード数と言うのは、
検索された単語が、記事内にどれくらい存在するか?
と言うもの。
検索された単語と関連性の高いコンテンツを表示させるためのルールです。

これを逆手にとって、
ひたすらキーワードだけを詰め込むという手法があります。
コンテンツの内容と関係なく、
ただただキーワードを詰め込む。

するとコンテンツは検索された単語と
全く関係ないのに上位表示されたりします。

 

次に被リンクですが、
これは他のサイトからリンクを張られることです。

よく質問系のサイト(教えてgooなど)で
「こちらのページが参考になりますよ~^^
URL:http://~~~」

なんて書かれていたりしますが、
このURLの部分がリンクになります。
こうやっていろんなところからリンクを張ってもらえるサイトと言うのは
人気がある=良いコンテンツと判断されます。

このことを利用して、自分でサイトを作りまくったり業者から買ったりして
自分のサイトにリンクを張ると言う裏技です。
被リンク自体は良いのですが、自作自演がまずいということですね。

 

つぎのPR(ページランク)も被リンクの仲間です。
グーグルはページランクと言うものを設定していて、
サイトを0~10にランク分けしています。

作りたてのサイトはPR0。
良いサイトはPR3などですね。
個人のサイトでは6あたりが限界と言われています。
7以上となると企業のサイトになります。

PRの高いサイトからリンクを張ると
「信用できるサイトがリンクを張っているな。信用できるサイトなんだな」
となって、検索順位が上がります。

 

しかし上にも書いたように
個人でPRが高いサイトを持つのは不可能です。
企業のサイトが怪しいページにリンクを張ることもないですよね。
何も問題ないように見えますが、実はそうではないのです。

 

そもそもページランクはドメインごとに決まります。
ドメインと言うのは
http://sijimi01.com/seo-black-white.html
この部分ですね。

企業はたいてい自分のドメインを持っています。
yahoo.co.jp やgoogle.co.jp などがそうです。
企業のドメインと言うことでPRが上がるんですね。
しかし企業がつぶれたりすると、
このドメインが中古で売りに出されます。(それなりの価格ですが)

これを買い取って自分のものにすると、
個人でもPRの高いサイトを所有することが出来るんです。
買取を専門にしている業者もいます。

このようにして入手したサイトや、業者に頼んで
自分のサイトにリンクを張ると・・・
簡単に上位表示が出来る、と言う仕組みです。

このやり方だと、コンテンツの質がなくても上位表示できるので
グーグルとしては困ったものですね。

どちらを使うべきか

apple-352319_1280

ホワイトハットSEOとブラックハットSEO。
どちらを使うべきかと言ったら間違いなくホワイトハットです。

ブラックハットの方が結果が出るのが速く、効果が劇的なので
そちらを使おうとする人が後を絶ちません。

しかしグーグルのロボットも急速に進化していて、
ブラックハットSEOはどんどん通用しなくなっていっています。
次々とペナルティを受けて怪しいサイトが検索結果から消えて行っています。

検索する側からしたらブラックハットSEOは迷惑以外の何物でもありません。
上位表示をしたいということは、検索してもらいたいと言うことですよね。
検索する人に嫌がらせをするというのは本末転倒です。

なぜ上位表示したいのか?
自分が相手にしたいのは誰か?
その人にどんな気持ちになって欲しいのか?

それを考えたらホワイトハット以外の選択肢はありませんね。
ブラックハットは自分にとっても相手にとっても悪い結果しか残りません。

まとめ

  • 利用者とグーグルに合わせるのがホワイトハット
  • 利用者が嫌がるのがブラックハット

検索してみて「うわっなんだこのサイト引くわ・・・」って言うのはたいていブラックハットです。

逆に「おー! これこれ、こういうのを探してたんだよね♪」って言うのはホワイトハットです。

定義とかを長々と説明してきましたが、
要するに利用者に喜ばれるのがホワイトハット、、、ってことで^^

何かわからないことがあったら質問してくださいね!
しじみに質問する

  • ホワイトハットブラックハット違い

1件のトラックバック

コメントを残す