アフィリエイトとは?仕組みを解説!

l_031

l_031

こんにちは、しじみです。 今回は

  • アフィリエイトとは何か?
  • アフィリエイトの仕組み

この二つについて書いていきたいと思います。

アフィリエイトとは何か?

  『アフィリエイト』と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

割と知られている言葉ですし、そもそもこのページを見ているのだから

まったく知らないということはないと思います。

 

それでも普通の人にとってはなじみの深い言葉ではありません。

 

一説には

インターネットユーザーの60%は『アフィリエイトを知っている』

という統計も出ていますが、このアンケート自体がインターネットに詳しい人しか参加できないものでした。

ネットに詳しい人でさえ60%しか知らないのですから

世の中の人にとっては未知の世界です。

 

あなたがこの言葉を知っている時点で

世の中の人の半分よりはネットビジネスに詳しいということになりますね。^^

 

アフィリエイトと言うのは一言で言うならば

『委託販売』 になります。

 

委託と言うのは「他の人に任せる」と言うことです。

 

つまり商品を作った人(製作者)がその商品を売るのではなく、

商品を作った人の代わりに僕たちがその商品を売る。

僕たちは手数料として収入の一部をもらう。

 

これがアフィリエイトと言うわけですね。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトをする人のことをアフィリエイターと呼びます。

アフィリエイトの仕組み

『売るだけでお金がもらえるなんてあやしい』

こう感じる人も多くいますよね。

確かに仕組みが分からないと不安になります。

 

でもアフィリエイトでお金がもらえるのは当たり前なのです。

 

製作者や販売者が、
なぜ商品の売り上げの一部を支払ってまでアフィリエイターを使うのかと言うと・・・

『楽してたくさん売れるから』です。

 

ピンときた方はかなりカンがいいですね。

 

例えば、製作者が一人で商品を売ろうとすると

収入は100%自分のものですが少ししか売れません。

もし仮に、100円のものを10個売ったとしたら

100×10=1000

1000円の売り上げです。

 

これをアフィリエイトするとどうなるでしょうか?

5人のアフィリエイターに協力してもらいましょう。

1人10個売れるとして、5×10=50(個)売れますね。

一つ100円なので

50×100=5000

5000円の売り上げです。

 

このうち半分はアフィリエイターに報酬としてあげるとすると

残りは2500円です。

 

1人で売った場合は1000円。

アフィリエイターを使った場合は2500円。

なんと2.5倍の売り上げです!

 

しかもアフィリエイターに頼んだ場合は

自分はヒマになるのでその間に他の事も出来るといいことだらけですね。

 

このようにたくさん売りたいときなどはアフィリエイトが非常に有効になります。

また商品が売れている間も他の仕事ができるので、

大量販売するときにはアフィリエイターは必要なのです。

 

売るだけでお金が頂ける理由はここにあります。

製作者がやるはずだった売るという『仕事』を

アフィリエイターが代わりにやっているのです。

 

「仕事」をしたらお金がもらえるのは当然ですよね?

これがアフィリエイトの仕組みです。

 

別にこの仕組みを知らなくても稼ぐことは出来ますが、

アフィリエイトで稼いでいく以上は仕組みくらいは知っておいてくださいね。